忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/24 14:19 】 |
お見舞いでのマナーは縁起担ぎ
病院が好きな人はいないでしょうが、家族や知人が入院すれば、お見舞いに行こうと思うでしょう。
とはいえお見舞いで恥をかかないように、マナーには気を付けたいものです。
誰でも知るようになったお見舞いのマナーは、鉢植えの花を持参しないことでしょう。
つまり病気が「根付く」を避ける縁起担ぎです。
もちろんまったく根拠はありませんが、病気や怪我で落ち込んでいると、些細なことを気にするものです。
また怪我ならば大丈夫でしょうが、内科系の病人へのお見舞いには食べ物を持ち込まないのがマナーです。
本人の好物であっても病気のため食べられない?
逆に医師から制限されている可能性があり、病人のストレスが高まります。
一方で相部屋なら他の人たちへ臭いの被害がある?
臭いは体調を悪化させるパターンが少なくありません。
同じくお見舞いに際しては香水も控える!
華美な服装などもマナー違反です。
病室を明るくする?気分を盛り上げよう!との気持ちもわかりますが、あまりにも場違いです。
ちなみに免疫力が弱っていることもあるため、風邪気味?などであればお見舞いは厳禁です。
病原菌を撒き散らす危険があり、最悪の場合、貴方の咳が命取り!マナー以前の問題です。
PR
【2014/05/23 09:52 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<オランウータンは森の人 | ホーム | ストーカー化するパターン>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>